傷や破損に備えるスマホケース

スマホケースはスマホの見た目を演出する他、スマホの使い勝手を向上させる場合や、スマホを傷や破損から守る意味でも利用される場合が多くなっています。特に破損から守ることを優先する場合では、スマホを包み込むタイプのスマホケースが人気になっています。例えばメモ帳タイプや、手帳タイプと呼ばれる商品もその一つです。また、中にはスマホの角を守ることに優れた商品もあります。もしもスマホを落下させた場合は、前面ガラスが破損する可能性も高くなります。その原因は前面ガラスが直接叩き付けられて割れる場合の他、スマホが角から落ちた際に、その衝撃で前面ガラスが破損することもあります。そこでスマホの四つ角をガードするスマホケースを装備することで、その角落ちの衝撃から、スマホや前面ガラスなどが守れるようになっています。そのためメモ帳タイプなどを好まない場合では、このコーナープロテクトタイプのケースが魅力的になります。

スエード生地のスマホケースがお気に入りです。

スエード生地でできたスマホケースに変えてから、より一層スマホが手放せなくなりました。スエード生地のあの優しい手触りは、無機質な感触でどこか冷たい印象のあるスマホをより身近で親しみのあるものにしてくれます。色はインディゴブルーのものを使っていますが、落ち着いた色合いで、自分の服装や持ち物などとよく合います。あまり派手なものや子供っぽいものは外で使う時恥ずかしかったり、ビジネスシーンで浮いてしまったりします。だからといって、あまりにシンプルなプラスチック製のケースは使う気になれないし、本革のケースなどは大人っぽい印象が強すぎて自分には向きませんでした。スエード生地なら適度に若々しくて柔らかな印象を与え、どんなコーディネートにもシチュエーションにもバッチリです。使い込むうちに独特の味わいも増してくるし、とても気に入っています。

ずっと触っていたいベロア生地のスマホケース

ベロア生地には独特の手触りがあります。まるで猫を撫でているような温かみのある優しい手触りです。スマホケースは今まで無機質なプラスティックのものを使っていましたが、ベロア生地のものもあると知りそちらに買い換えました。正直に言って、スマホケースは単にスマホ本体に汚れが付くのを防いだり、落としたりしたときの衝撃をいくらか緩和してくれればいいと思っていました。しかし、今回お気に入りのスマホケースが見つかって実際に使うようになって、はじめて単なる外側を守るためだけのものじゃないことに気づきました。ずっと手に持っていたいような、撫でていたいような不思議な愛着があります。ベロア生地だからというのが大きいのでしょうが、ペットに近い感覚とも言えます。自分の生活になくてはならないスマホですし、お気に入りケースのおかげでより大事にしたくなりました。